アライグマ対策を真剣に考えました

野菜

スイカが大きく成長、
とうもろこしの実入りがよくなってきたり、
プリンスメロンから甘い香りが漂い始めると

動物がにおいを嗅ぎつけて
やってきます。

とうもろこしやさつまいもの
収穫時期を見計らって
私より先に失敬されるのは
作り手としてやりきれないです。

去年はとうもろこしをなぎ倒され
さつまいもを掘り返された経験から
動物対策は無視できない作業です。

春先に
芽が出たばかりのにんじんの葉を
カラスにつつかれ

とうもろこしの種をほじくり返されて
食べられたりしたので

釣り糸を張り巡らして
カラス対策をしました。

ひと手間ですが、その効果は抜群です。

アライグマ対策に動物撃退器

しかしアライグマとなると
張り巡らした網をよじ登るくらいですから
やはりここはしっかり対策をしないと、と買ったのが
動物撃退器です。
ソーラー充電で畑に設置するだけの手軽さです。

本体には4個の超音波スピーカーが付き
動物撃退の有効範囲は300㎡。

超音波の周波数とセンサー感度が調節可能、
超音波発振周波数は自動的に変動し、
動物の慣れを防ぎます。

といっても
効果のほどは様子を見ないと何とも言えません。

木酢の臭いで撃退

動物撃退器だけでは心もとないですから
動物が嫌う木酢をボトルに入れて、
半分土に埋めておくという対策を試しています。

メロンやスイカを栽培している場所を
ぐるりと取り囲むように数か所に埋めました。

それから畑の入り口部分やとうもろこしなど
狙われそうな野菜の近くに設置しました。

雨が降り木酢が薄まったら
足す必要がありますし、
自然蒸発することもありますから
補充する手間はかかります。

成長しているスイカを見るたびに
うれしさと同時に
荒らされたらという不安が頭をよぎります。

スイカにはざるをかぶせ、
メロンにはネットで覆うなど
何重にも動物対策をしている自分が
ちょっと滑稽でもあり悲しくもあります。

 

 

野菜
シェアする
北の樹木をフォローする
北の樹木農園 自分流を追究する暮らし ~野菜づくり、料理を楽しみながら~