初霜到来、里芋の葉と茎が一気に萎れてがっかり

里芋

初霜到来、里芋の葉と茎が一気に萎れてがっかり

おとといの初霜で
まだ掘り出していなかった里芋の葉がしおれました。

里芋の霜害

ことし真面目に取り組んだ里芋づくり。
何年か前に作ってはみたものの芋が小さすぎて
残念な結果に終わりました。

しばらくつくるのをためらっていましたが

「ここ何年か安定して里芋が収穫できているよ」
と仲間に聞き、つくってみることにしました。

夏の暑さと比較的多い雨が幸いして順調に育ちました。

高温多湿な里芋適地ではありませんが
冷涼な北海道でも栽培できるなら
里芋好きとしてはうれしいです。

30年前には店頭で見かけなかった里芋、
今は売ってはいるものの、どこで買っても品質がよくなくて
買ったばかりでも何個かは傷んでいるのが当たり前。
すぐ腐りやすくてがっかりします。
日にちの経過で袋の中が蒸れて腐るのか、管理が悪いのか。

霜にやられましたが
里芋の茎は「ずいき」で食べられますね。

こどもの頃、新潟の実家でたしか、8月のお祭りに
ずいきの酢の物を食べた記憶があります。
茎の色は赤かったと思い調べてみると
赤ずいきと白ずいきがあるのですね、そして
赤いずいきは、八つ頭やえび芋の茎と知りました。

北海道で売られている里芋の栽培品種は「土垂」です。
他の品種はみかけません。

土垂について調べていたら、
北海道での栽培はできないとあります(-_-;)

栽培適地ではないですからするなら自己判断でどうぞ、
ということなのですね。

幸いにして大きく生長して茎が太くなっているので
明日の収穫は期待できそうです。

霜の害で終わった野菜たち

霜で萎れた野菜は里芋だけでなく

ピーマン、パプリカ類にトマト、ナス、唐辛子がしおれました。
出遅れていた唐辛子は赤くならずに青いままで終了、がっかりです。

ミニトマトの実はさほど被害はありませんが
中くらいのサイズは皮がふにゃふにゃして水っぽくなりました。

朝方は0度前後の寒さで元気がよい野菜は少なく、
長ネギ、キャベツ、白菜、レタス、にんじんくらいです。
ビーツの葉も色が黒っぽく変わりました。

朝、寒くても晴天であれば9時くらいになると10度ほどになり
からだを動かして作業するのにはちょうどいい感じです。

空気は澄み渡り、気づけば深呼吸を何度もしています。
土の表面は冷たいですが、シャベルで掘り返すと土の中はあたたかい。
太いみみずとよく出会います。

我が家の一階の、居間の温度は16度くらい。

火が恋しくなったけれど
ストーブをつけるのは…まだ早い

灯油値上がりの今、
ひざ掛けや湯たんぽなどを使ってしばらくしのぎます。

 

 

コメント