唐辛子鷹の爪などの定植と唐辛子の利用方法

唐辛子

唐辛子の定植と
去年初めて作ったホットソースについての話題です。

唐辛子の定植

唐辛子の種まきをしたのは4月に入ってから
鷹の爪と札幌大長の2種類を種まきしました。
種は去年収穫した唐辛子から採取しました。

唐辛子の成長はパプリカやピーマンと比較すると
かなりゆっくりです。

赤唐辛子を収穫できる時期は最後の最後、
全ての作物を収穫し終わった10月中頃過ぎの晩秋です。

唐辛子が成長して立派な青唐辛子になれば
それも使い道があるので適宜、収穫して加工します。

辛みが強い唐辛子、鷹の爪と
大きくて存在感のある唐辛子、札幌大長を栽培しています。

札幌大長は辛さは鷹の爪と比べるとそれほどではありません。
サイズが大きくて真っ赤な外観が気に入っています。

寒さが本格的になる前の季節、
真っ赤な唐辛子を収穫して部屋に吊るすと
パッと室内が明るくあたたかな雰囲気になります。
ですから札幌大長は
インテリアとしてもなくてはならない存在なのです。

唐辛子を自分で栽培するまでは

Left Caption

わたし

唐辛子の味に違いあるのかしら?

と思っていました(-_-;)

成長はゆっくりですが栽培しやすい唐辛子、
収穫してカラカラに乾燥させてから粉末にして
一味唐辛子として食べてみると、

Left Caption

わたし

辛さだけでなく
複雑、味わい深くて美味しいわ

すっかり自分で栽培する唐辛子に
はまってしまったのでした。

青唐辛子の利用方法は

青唐辛子を収穫すると最初に作るのは
三升漬けです。

三升漬けの作り方

材料は青唐辛子、麹、しょうゆを同重量、用意して作ります。

青唐辛子を荒く刻み、麹を手でほぐして
しょうゆに漬け込んでねかせます。

Left Caption

わたし

青唐辛子はフードプロセッサーで
切るのがおすすめです。
包丁で切ると辛くて大変。

時々まぜて、なじませる作業をしながら
半年ほどじっくりねかせると辛さにまろやかさが加わり
バツグンの味になります。
あたたかいご飯にそのままのせて食べてたり、
肉や野菜料理の味付けに使っても、納豆にまぜたり、
豆腐のトッピングにしたりなんでも使える万能調味料です。

三升漬け、3年物ともなるとうまみ成分が半端じゃありません。

とろり、甘くて辛い。
我が家では取り合いになります笑。

どうしても待てない、すぐ食べたいという方は
ヨーグルトメーカーを使っても作れます。

55度~60度で6時間セットすると、はい出来上がり。
じっくり寝かせた味にはさすがに及びませんが
辛みがとがっているかなぁ、
でもすぐに美味しくいただけますよ。

即席で作った三升漬けを1か月ほど寝かせると
なかなかの味わいになりますから、
青唐辛子を見かけたらぜひお試しあれ。

 

 

 

 

 

唐辛子
シェアする
北の樹木をフォローする
北の樹木農園 自分流を追究する暮らし ~野菜づくり、料理を楽しみながら~